2019年9月

2019.9.30 歯ぎしりから歯を守る 健康保険が利くスプリント療法

歯ぎしりや食いしばりにより歯が折れてしまうことが、最近、歯を失う原因として注目されている。3回目は、歯ぎしりから歯を守る「スプリント療法」と、歯の根っこが折れても歯を残せる「接着治療」を紹介する。

歯を失わないためには、力のダメージから歯を守ることが大事となる。歯ぎしりには「スプリント療法」が効果的だ。歯科医院で自分の歯型に合った歯ぎしり用スプリントを作ってもらおう。睡眠中に装着すると歯にかかる過剰な力を和らげ、歯の摩耗や欠損、破折を防いでくれる。「歯ぎしり自体を治すことはできないが、装着して2、3週間ほどは歯ぎしりが減るはず」と昭和大学歯学部歯科補綴学講座の馬場一美教授は説明する。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO48997310W9A820C1000000?channel=DF130120166091

 

札幌市西区琴似の歯医者 コトニ歯科

 

カテゴリー
ブログ

2019.9.24 笹森花絵さんの絵を発見

いつもコトニ歯科のチョークアートを書いてくれている笹森花絵さん。

狸小路を歩いていたらたまたま発見。

いつもお世話になっています♪

↓季節によって絵を変えています

 

カテゴリー
ブログ

2019.9.9 2019年10月からの消費税増税について

2019年10月から消費税が10%になります。

それに伴い自費診療、雑貨(歯ブラシ、歯磨き粉等)のみ消費税が10%かかるようになります。

保険診療については特別変更ありません。

ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

カテゴリー
お知らせ
おすすめ記事

2019.9.6 胆振東部地震から丸一年

いまだ避難所暮らしの方が1000人以上いるとニュースで見ました。

災害に見舞われた方のご冥福を祈るとともに一刻も早く復興できることを願います。

 

胆振東部地震から1年 生活再建なお途上 7市町1300人が仮住まい

北海道で初めて震度7を観測し、全域停電(ブラックアウト)も引き起こした胆振東部地震は6日、発生から1年を迎えた。大きな被害を受けた胆振管内厚真、安平、むかわの3町の仮設住宅、札幌市や北広島市などの民間賃貸住宅や公営住宅などに仮住まいする避難者は、8月末時点で少なくとも7市町計約1300人に上る。生活再建に向けた被災者の不安は1年を経ても、なお消えない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00010001-doshin-hok

 

札幌市西区琴似の歯医者 コトニ歯科

 

カテゴリー
ブログ
empty

〒063-0811
北海道札幌市西区琴似1条4丁目3-18 紀伊國屋ビル 3F
地下鉄琴似駅・バスターミナル直結
地下鉄琴似駅から徒歩0分
大きな地図でみる ストリートビューでみる
駐車場:タイムズ提携により1時間分無料 周辺タイムズマップをみる

電話でご予約
お問い合わせ
011-641-0056

メールでの
お問い合わせ
メールフォームからお問い合わせ下さい

診療時間※受付は30分前まで

  • 【土曜午後】18:00まで診療
  • 【休診】日曜、祝日
09:00~13:00 ×
14:30~19:00 ×