2021年3月

2021.3.22 身元特定にデータベース化を 歯科医師の震災10年(後編)

【東日本大震災10年プロジェクト つなぐ、つながる】 亡くなった人と行方不明者が2万2000人を超えた東日本大震災では、身元が分からない犠牲者の「名前」を取り戻し、家族のもとに帰そうと新潟の歯科医師たちも奮闘しました。ただ、歯による身元の特定作業では、課題も浮き彫りになっています。 ※前編<遺体の名前を取り戻す>からの続き 東日本大震災から間もなく10年という4日、宮城県東松島市で1人の女性の身元が特定されました。奥山夏子さん(当時61歳)。職場から避難する途中、津波に巻き込まれたとみられています。 かっぽう着姿で見つかった奥山さんの遺体は、全身が白骨化していましたが、歯の治療痕などが決め手となりました。10年の時を経て、ようやく家族のもとに帰ることができたのです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a4d29c7adc5f3ffa1649620cf6dbf0a13be6b5d8

カテゴリー
おすすめ記事

2021.3.22 遺体の名前を取り戻す 歯科医師の震災10年(前編)

東日本大震災10年プロジェクト つなぐ、つながる】 亡くなった人と行方不明者が2万2000人を超えた東日本大震災では、身元が分からない犠牲者の「名前」を取り戻し、家族のもとに帰そうと新潟の歯科医師たちも奮闘しました。ただ、歯による身元の特定作業では、課題も浮き彫りになっています。 東日本大震災の発生からおよそ1か月。まだ電気もつかず、水も使えない宮城県の体育館で、懸命に遺体と向き合う人たちがいました。彼らが見ているのは「歯」。被災地に派遣された、新潟県の歯科医師たちです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e27c9ed843e7250d94d75c8d4ad0515ad46dc442

カテゴリー
おすすめ記事

2021.3.6 2021 ゴールデンウィーク休み

4月29日(木)から5月5日(水)まで休診日とさせていただきます。

休診日の際の歯の痛みは札幌歯科医師会口腔医療センターまでお願いいたします。011-511-7774 年中無休 受付19時から23時まで。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー
お知らせ
おすすめ記事

2021.3.1 全国の小児の「口唇閉鎖不全」、有病率30.7%-新潟大ほか

お口ぽかん」は、鼻から下の顎の大きさの増加や悪い歯並びなどと関連

新潟大学は2月17日、日本で初めて口唇閉鎖不全(お口ぽかん)に関する全国大規模疫学調査を行い、小児における同疾患の有病率を明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科小児歯科学分野の齊藤一誠准教授らと、大垣女子短期大学歯科衛生学科の海原康孝教授および鹿児島大学病院小児歯科の稲田絵美講師らの共同グループによるもの。研究成果は、「Environmental Health and Preventive Medicine」に掲載されている。

全国の小児の「口唇閉鎖不全」、有病率30.7%-新潟大ほか – QLifePro 医療ニュース

カテゴリー
おすすめ記事
empty

〒063-0811
北海道札幌市西区琴似1条4丁目3-18 紀伊國屋ビル 3F
地下鉄琴似駅・バスターミナル直結
地下鉄琴似駅から徒歩0分
大きな地図でみる ストリートビューでみる
駐車場:タイムズ提携により1時間分無料 周辺タイムズマップをみる

電話でご予約
お問い合わせ
011-641-0056

メールでの
お問い合わせ
メールフォームからお問い合わせ下さい

診療時間※受付は30分前まで

  • 【土曜午後】18:00まで診療
  • 【休診】日曜、祝日
09:00~13:00 ×
14:30~19:00 ×