お知らせ / ブログ

2019.5.31 「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

患者が納得のいく治療を選択するためのセカンドオピニオン。患者の権利といえども、その後の主治医との関係も気になるので、本音を知りたいところ。どうすれば、医師を味方につけることができるのか。セカンドオピニオンに関する医師アンケートを読み解いた。

「複数の先生に父の検査の数値と体を総合的に診てもらって、透析に踏み切りたいと思いました」

会社員のミホさん(40代・仮名)は先日、高齢の父親について、主治医から「腎不全で人工透析が必要だ」と説明を受けた。父親の病状がそんなに深刻だとは思ってもみなかったという。いくつかの検査値に問題はあったものの、ミホさんから見て父親は元気に過ごしていたからだ。

https://dot.asahi.com/wa/2019052300050.html?page=1

カテゴリー
ブログ

2019.5.24 本当は怖い!?「銀歯」のリスク

先進国では珍しい? 銀歯を被せる虫歯治療
欧米諸国では、美しく白い歯やきれいな歯並びはとても価値あるものとされ、社会的なステータスを表すものにもなっています。歯が汚いことが就職にも影響したり、自己管理できていない人だという印象を与えて、仕事の営業成績にも影響を及ぼすぐらいです。そのため多くの人が歯を美しく健康に保つために、常に高い意識を持っています。https://this.kiji.is/503858223089206369?c=415067704470144097

 

札幌市西区琴似の歯医者 コトニ歯科

 

カテゴリー
ブログ

2019.5.21 寝たきりの老人が立ち上がる!? 「入れ歯」で奇跡を起こす! 83歳の歯科医の挑戦

「あること」をしたら、寝たきりだったおじいちゃんが立ち上がった! 無口だったおばあちゃんがしゃべり出した! その「あること」とは、入れ歯の修理です。

歯科の訪問診療が珍しかった1970年代から診療所を飛び出し、要介護となった高齢者の口の悩みを解決してきた歯科医師がいます。加藤歯科医院の加藤武彦・医院長(83歳)です。周りの理解を得られない中、孤軍奮闘しながら、ひとりで歯科の訪問診療の道を切り開いてきました。噛んで食べられる入れ歯で奇跡を起こす加藤先生の活動を追いました。(阿部伸)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00010000-danro-life

札幌市西区琴似の歯医者 コトニ歯科

 

カテゴリー
ブログ

2019.5.17 授乳中の服薬、諦めないで…薬の成分、母乳への移行は微量

授乳中の服薬や特定の食材の摂取が、赤ちゃんの健康やアレルギーの発症に影響すると不安に感じる母親もいるだろう。近年の研究などでは問題のないケースが大半であることがわかってきたという。医師にも相談しながら薬や食事との関わりを考えたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00010000-yomonline-life

カテゴリー
ブログ
empty

〒063-0811
北海道札幌市西区琴似1条4丁目3-18 紀伊國屋ビル 3F
地下鉄琴似駅・バスターミナル直結
地下鉄琴似駅から徒歩0分
大きな地図でみる ストリートビューでみる
駐車場:タイムズ提携により1時間分無料 周辺タイムズマップをみる

電話でご予約
お問い合わせ
011-641-0056

メールでの
お問い合わせ
メールフォームからお問い合わせ下さい

診療時間※受付は30分前まで

  • 【土曜午後】18:00まで診療
  • 【休診】日曜、祝日
09:00~13:00 ×
14:30~19:00 ×