2021年4月

2021.4.22 認知症や動脈硬化の一因に! 怖い「歯周病菌」を撃退しよう

毎日歯磨きをしているし、痛いところもないから「私の歯は健康」。そう思っている人でも、実は歯周病にかかっていることが多いといいます。放っておけば、歯を失ったり、全身の健康に悪影響を及ぼしたりする可能性が。健康維持に欠かせない歯のケア方法を見直しましょう。

40~60代の約8割が歯周病 マスクをする機会が増えたら自分の口臭が気になり始めた。そこで念入りに歯磨きをするようになったが、やっぱり臭う……。 そんな悩みに答えてくれたのは、口腔環境と認知症との関連に詳しい、認知症専門医の長谷川嘉哉先生です。 「口臭の原因は歯周病菌です。口の中には腸と同様、多様な常在菌がバランスを保ちながら共存しています。しかし、年齢を重ねて免疫力が低下するにつれ、悪玉菌である歯周病菌が増殖。すると、口臭が発生したり、口の中がねばねばしたり、歯ぐきが赤く腫れたりするようになります。これが歯周病です。進行すると、歯を支えている骨を溶かし、歯を失うことにつながりかねません」

認知症や動脈硬化の一因に! 怖い「歯周病菌」を撃退しよう(婦人公論.jp) – Yahoo!ニュース

カテゴリー
おすすめ記事

2021.4.21 他人に理解されにくい舌痛症<長く続くピリピリする痛み

原因不明の舌の痛みが治らず慢性化した場合、「舌痛症」の可能性がある。特に中高年の女性に多く、口の中の異常が心因的な問題に由来している病気だ。歯科心身症の専門医以外にはあまり知られていないため、家族ばかりか、医師にまで「気のせい」と片付けられてしまうことがある。自然には治りにくいため、歯科心身症の専門医で診てもらうことを勧めたい。

心理的、社会的なストレスの影響で、体に不調が表れたり、病気が悪化したりする体の病気を心身症という。歯科心身症は、舌、口の中の粘膜など口腔(こうくう)に関連する器官の感覚に異常が生じる病気で、代表的なのが舌痛症だ。

 日本歯科心身医学会の副理事長で、東京医科歯科大学歯学部付属病院の歯科心身医療外来で診療に当たっている豊福明科長はこう説明する。「舌や口内の痛みの原因になる病気がないのにもかかわらず、舌や口内の粘膜がヒリヒリ、ピリピリと痛みます。鎮痛薬や口内炎用の軟こうは効きません。しばしば口腔内の渇きや味覚異常を合併します」

https://medical.jiji.com/topics/2045

カテゴリー
おすすめ記事

2021.4.7 歯科衛生士29年の母が誇り 高校生の息子が仕事内容とやりがいを聞いてみた

皆さんは「歯医者さん」にどんなイメージを持っていますか? 中には「怖い」「痛い」というイメージを持つ人もいるかもしれません。歯科衛生士を29年続ける母に、仕事内容や仕事の魅力を教えてもらいました。(高校生記者・かんちゃん=3月卒業)

ドクターと患者の橋渡し

―具体的な仕事内容を教えて。

歯科衛生士は、主にドクターの指示のもと患者さんの口腔内を直接見ることができる仕事で、ドクターのサポートや口腔内のケアをしているよ。

患者さんの不安や心配事を聞いて、ドクターと患者さんの橋渡しをするのも歯科衛生士の重要な仕事なんだ

歯科衛生士29年の母が誇り 高校生の息子が仕事内容とやりがいを聞いてみた|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア (koukouseishinbun.jp)

カテゴリー
おすすめ記事
empty

〒063-0811
北海道札幌市西区琴似1条4丁目3-18 紀伊國屋ビル 3F
地下鉄琴似駅・バスターミナル直結
地下鉄琴似駅から徒歩0分
大きな地図でみる ストリートビューでみる
駐車場:タイムズ提携により1時間分無料 周辺タイムズマップをみる

電話でご予約
お問い合わせ
011-641-0056

メールでの
お問い合わせ
メールフォームからお問い合わせ下さい

診療時間※受付は30分前まで

  • 【土曜午後】18:00まで診療
  • 【休診】日曜、祝日
09:00~13:00 ×
14:30~19:00 ×