お知らせ / ブログ

2020.7.10 歯の疾患原因で コロナ重症化のおそれ

歯周病などが原因で、新型コロナウイルスが重症化するおそれがあるとの見解が示されていたことがわかった。 鶴見大学歯学部の花田教授の見解によると、歯周病患者は、無菌のはずの血液の中に細菌が存在する、菌血症などを発症する可能性が高く、新型コロナウイルスに感染すると、サイトカインストーム(免疫暴走)の危険性が増えるという。 歯周病は、日本人の8割がかかっているといわれていて、日本歯科医師会は、歯や口の健康を維持することが重要としている

https://news.yahoo.co.jp/articles/33547009ed6af143125800053cf381dd55c6ed4d

カテゴリー
ブログ
おすすめ記事

2020.7.4 歯科の受診は本当に新型コロナ感染リスク高い? 感染症専門医が回答

緊急事態宣言が解除された後も「新しい生活様式」の実践、「3つの密」の回避を中心とした行動変容が求められています。「新しい生活様式」の感染防止の3つの基本には、(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いが掲げられていますが、歯科診療では歯科医師との距離は確保できませんし、マスクの着用もできないことから不安に感じている方は少なくないと思います。実際のところ歯科診療は危険なのか、それとも安全なのか。感染症専門医の堀野先生にお伺いしました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/01de8e6586ff5440e1909b2bd18ee1b8e2bf06ad

カテゴリー
おすすめ記事

2020.6.18 新型コロナウイルス抗体検査 歯科医師の陽性率は0.7% ソフトバンクグループ

ソフトバンクグループは9日、同グループ社員や全国の医療機関539施設の医療従事者5,850人などを含む44,066人を対象とした、新型コロナウイルス(以下、COVID-19)抗体検査の結果を発表した。検査において、ソフトバンク及びその取引先においてはOrient Gene社、医療機関においてはINNOVITA社の簡易検査キットが使用された。


その結果、全体の0.43%に当たる191名が抗体検査陽性と判断された。このうち医療従事者は105名であり、医療従事者の陽性率は1.79%であった。この事から、医療従事者は一般人と比較して、COVID-19に対する抗体保有率が高い事が示された。

https://www.whitecross.co.jp/articles/view/1689

カテゴリー
お知らせ
ブログ
おすすめ記事
empty

〒063-0811
北海道札幌市西区琴似1条4丁目3-18 紀伊國屋ビル 3F
地下鉄琴似駅・バスターミナル直結
地下鉄琴似駅から徒歩0分
大きな地図でみる ストリートビューでみる
駐車場:タイムズ提携により1時間分無料 周辺タイムズマップをみる

電話でご予約
お問い合わせ
011-641-0056

メールでの
お問い合わせ
メールフォームからお問い合わせ下さい

診療時間※受付は30分前まで

  • 【土曜午後】18:00まで診療
  • 【休診】日曜、祝日
09:00~13:00 ×
14:30~19:00 ×